06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2017-03-22 (Wed)
 日曜日の午前中は、5月に開催される鈴鹿Fun&Runのタイムアタック競技に参加を予定しているXJR1300の整備。
レーシングキャブレターにSTDのスロットルホルダーの組み合わせは操作性に問題があり、やはりハイスロットルホルダーへ変更。

P1000819.jpg

サーキット走行には不可欠なドレンボルトのワイヤーロックを施すため、ドレンボルトの交換と合わせてエンジンオイルとオイルフィルターも交換しましょう。

P1000827.jpg

オイルフィルターの交換は初体験。
特に難しい作業ではなさそうなので、交換作業は取付されていたように組み直したつもり...でした。(;一_一)

P1000830.jpg

ドレンボルトを締付け、新しいエンジンオイルを適量給油してエンジン始動。
オイル漏れを確認して作業は終了。

P1000835.jpg

午後からの試乗前に、組付け方がすこし不安だったオイルフィルター部を確認してみると...Σ(゚д゚|||)

P1000836.jpg

試乗は諦め、オイルフィルターを組直すために給油したばかりのエンジンオイルをまた抜くことになりました。

P1000839.jpg

バネの組付け方が間違っていたので、今度は正常に組付け。(^_^;)

P1000840.jpg

XJR1300のオイルフィルターカバーは締付けトルクが定められていて、カバーの取付を誤ればエンジンオイルが溢れんばかりに漏れ出しますので、オイルフィルター交換後は必ずオイル漏れのチェックをしましょうね! (;一_一)...チッ

P1000845.jpg


スポンサーサイト
* Category : XJR1300
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する