• ⇒クリックすると本文の文字サイズを変更できます
  • 特大

見極め方

  • 2015年11月22日(日) 21:39:14
  • 未分類
 昨日の土曜日も早朝から柿畑へ出勤。
先週は雨続きで予定通りに収穫作業が行えなかったようで、本日が頑張りどころ。

1.jpg

親父が畑に着くまでに収穫し終えた木を確認しながら山の斜面を歩き廻っていると、いくつかの取りこぼしを発見。
夜露で濡れているので、乾くまで待つ。

3.jpg

この時期、すでに熟して真っ赤になった果実は枝にちょっと触れただけでも落下して、まるで水風船のように破裂するので収穫前に見つけて撤去してきましょう。

2.jpg

濡れていた果実が乾くころから収穫をはじめ、なんとか早生柿の収穫メドがついたところで作業終了。

5.jpg

そして日曜日からは、いよいよオク柿の出荷受付開始です。

16.jpg

以前から畑にあるオク柿の配置を親父に教えられて、今ではほぼ把握しているので混入はありませんが、果実がまるマルしていて若々しいのが早生柿。

10.jpg

果実中心に向かって深く彫が入っているのがオク柿とのこと。
オク柿は早生柿に比べ糖度が高くて味わい深いそうなんですが、いかがなものか味音痴のわたしには・・わかりません..( 一一)

9.jpg
スポンサーサイト

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る